工藤静香と歌ったDream Amiに「仲間由紀恵と替わってほしかった」の声

1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/10/04(水) 18:36:13.13 ID:CAP_USER9

9月30日放送の「ミュージックフェア」(フジテレビ系)に工藤静香、スキマスイッチ、Dream Amiの3組が出演。
工藤のヒット曲である「Blue Velvet」をスキマスイッチが、「MUGO・ん…色っぽい」を工藤とDream Amiの2人が歌うなど、“工藤静香メドレー”のスペシャルコラボレーションを披露した。
だが、同番組のMCを務める仲間由紀恵のファンからは「仲間に歌わせてあげたかった」「Dream Amiは替わってあげてほしかった」といった声があがっているという。

「仲間が芸能界を目指すきっかけになったのが、じつは工藤の存在だったんです。仲間が中学1年生の頃にテレビで工藤が歌う姿を見て憧れを抱き、地元・沖縄のタレント養成所の門を叩いたという経緯がある。
その翌年に沖縄テレビ放送のドラマのオーディションに受かり、そのドラマプロデューサーから現在所属する芸能事務所を紹介されて上京しました。しかも、事務所の先輩が工藤ですからね。

仲間が『東京パフォーマンスドール』のメンバーだったことは有名ですが、小室哲哉の弟子的存在である久保こーじプロデュースのソロ歌手として7曲ものシングルをリリースしていることはあまり知られていない。
そのためネット上では『今こそ歌手としての過去を明かして』『歌手時代を黒歴史にしたままなのはもったいない』といった嘆きにも似た声があがっているんです」(音楽誌ライター)

96年にソロ歌手としてデビューした後、06年にはauのCMから生まれたユニット「仲間由紀恵 with ダウンローズ」名義で「恋のダウンロード」
を着うたフル限定配信していた仲間。そろそろまた歌声を聞かせてくれてもいい頃なのかもしれない。

http://dailynewsonline.jp/article/1361604/
2017.10.04 18:15 アサジョ

続きを読む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする