「50年の歌の歴史」からSMAP排除!批判相次ぐ

1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/10/03(火) 12:43:21.04 ID:CAP_USER9

10月2日に放送された『歌のゴールデンヒット ~オリコン1位の50年間~』(TBS系)で『SMAP』の楽曲が一切放送されない事態が起こり、視聴者から批判が殺到している。

番組では音楽情報サービス『オリコン』の50年間で、1位になったことのある曲のVTRを流しつつ、アーティストを招いてトークを繰り広げた。
『PUFFY』がスタジオに登場し、『渚にまつわるエトセトラ』、『サーキットの娘』、『これが私の生きる道』といった曲を披露。ほかにも世良公則の『銃爪』、小林明子の『恋に落ちて』が登場した。

しかし、『光GENJI』や『Kinki Kids』など、ジャニーズ事務所所属アーティストの曲は紹介されたものの、売り上げ300万枚を達成した
『世界に一つだけの花』をはじめ『夜空ノムコウ』や『らいおんハート』など、SMAPの楽曲が紹介されることは一切なかった。

ジャニーズからの圧力を勘ぐる意見も

この番組構成に対して、視聴者からはSNS上で《真のオリコン1位が出てねえじゃん》、《意図的にSMAP外してる?SMAPなくして90年代以降のオリコンは語れないだろ》、
《『うたばん』からの映像が多いのにSMAPが流れないのが不思議》、《光GENJIより売れてるSMAPは出ないのはなぜ?》などと批判が殺到している。

解散や元メンバー3人の事務所退所騒動が起こったが、SMAPの曲を放送することが不可能なわけではない。
また、ジャニーズ事務所のなかでは解散した『光GENJI』の楽曲は使われていることから、不可解な点はぬぐい去ることができない。

そのため、《SMAPがないのはまずいだろ、そんなにジャニーズ事務所の圧力がすごいの?》、
《SMAPに散々視聴率を取ってもらって、解散したら手のひら返し。テレビはジャニーズの犬なのか?》などと、ジャニーズから番組側への圧力があったのではないかと想像する視聴者もいた。

いまだにSMAPの楽曲を聴きたがるファンの声は根強い。SMAPは歌番組の歴史からも消え去ってしまうのだろうか。

http://dailynewsonline.jp/article/1361089/
2017.10.03 11:10 まいじつ

11

続きを読む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする