HeySayJUMP News

HeySayJUMPの話題の情報を厳選してお届け♪

Uncategorized

みんなは知ってた?『 嵐 』にまつわる都市伝説・裏話・すごい伝説集 最新version


全員がチャイルドマインダーという、子育てに関する専門資格を持っています」(テレビ局関係者)

「嵐にしやがれ」での「クドいい店」の話。
あの収録は午前1時スタートなのですって。
スタジオ収録を(2~3本撮り)してからのロケなのだそうだ。終わりが午後3時なのに・・・
渡部「誰も文句言わない!」と力説。

どんなに遅く仕事が終了しても、明るく「バイバ~イ! じゃあね!」って別れる嵐メンを、
渡部「考えられない!」と。

視覚として楽しい。派手なステージセットに、フライングに、花火に、水に、風船に、、、金かかってんな!!という一言に尽きる。ライブって生ものだから立体的なのは当たり前なんだけど、なんていうか嵐はとくに、3Dだなぁと思うことが多い。

どんなに売れてもかつて埋まらなかったコンサートの記憶を持ち続け、地に足がついていて、ファンを大切にする姿勢を崩さないため、技術・人柄・まるっと信頼できるグループなのも魅力です。

櫻井翔

櫻井はいわゆる超エリート一家に生まれた。

「父親は東大卒の官僚で、母親は大学教授。妹は日本テレビの報道局に勤務しているし、弟は慶應義塾高等学校に通っているそうです。。櫻井くんも慶應には幼稚舎から通っていて、アイドルをやりながら慶応大学経済学部をきちんと卒業しました」(芸能関係者)

櫻井が公言する通り、両親からは厳しく育てられ、習い事は3歳から小学4年生までエレクトーン、その後はピアノ。他にも水泳、習字、油絵、剣道、ボーイスカウト、サッカー…

その櫻井が両親に内緒で勝手に履歴書を書いて送ったのは13歳の時。「学業を疎かにしない」という約束のもと、両親はアイドルの道に進むことを許してくれた。

「クドい」はコンビ制で、相葉くんのロケでない日の話。
翌日「相葉マナブ」のロケがあると話をしたら、収録後に別れたあと、櫻井くんが渡部さん達のロケ車の窓をコンコン。

櫻井「明日の相葉マナブよろしくお願いします」と挨拶しに来たらしい。

松本潤

「松本クンだけ、正式なオーディションは受けていないそうです。
履歴書を送ったら、じゃニーさんから
“ユー、来ちゃいなよ”
と、いきなりレッスンに誘われたんだとか」(芸能プロ関係者)

「昨年『いいとも』に松本クンがゲスト出演したとき、自分が1歳半くらいのころの写真をニノが待ち受けにしていると明かしています。
小さいころの写真を仕事で持ち寄ったときに、ニノがおもしろがって待ち受けにしたとか。
思わず“17歳ぐらい?”って聞いたほど顔ができあがっていたというから、さすが松本クンですね」(放送作家)

相葉雅紀

『「天真爛漫」とは「飾らず自然のままの姿があふれ出ているさま。生まれつきの素直な心そのままで、明るく純真で無邪気なさま」という意味ですが、誰かの天真爛漫な姿は見ている人をほっこりさせてくれますよね。では、そんな天真爛漫な役が似合う俳優といえば?

 1万票以上の得票数で1位に選ばれたのは嵐の《相葉雅紀》でした。『天才!志村どうぶつ園』で動物たちと戯れる姿は天真爛漫そのもの。「子供達とすぐ友達になれそうな俳優」「笑顔が似合う俳優」「犬とじゃれて遊ぶのが似合う芸能人」など数々のランキングでも1位を獲得しており、芸能界一の天真爛漫な俳優と言っても過言ではない

大野智

でれでれに酔っぱらって母に放った言葉は「6月のシャンプーどこ?」

知らない人の家で目覚めたことがある。本人曰くおじいちゃん・おばあちゃん系の家だったらしい

電車で仕事に来る際に痴漢に間違われないよう両手をあげていたところ、自分が痴漢にあった大野智

「大野クンは高校を3日で中退したそうです。
校門の前で引き返して、そのままやめたんだそう」(スタイリスト)

このときすでにジャニーズ入りして、先輩のバックで踊っていたという大野さん、自分に高校は必要ないと思い、歌と踊りにのめりこんでいったのだそうです。

「彼は16歳から2年間、親元を離れて京都に滞在し、舞台をやっていました。
そこで、殺陣やアクロバットにも挑戦。
舞台の宙づりといえば堂本光一や滝沢秀明が浮かびますが、京都の舞台は1日6公演もあったので、ジャニーズのフライング回数1位は大野クンとも言われています」(舞台関係者)

出産時にへその緒が巻き付いて、命の危険な状態で生まれたが、母親がほっぺをずっと叩いてようやく泣いた。生まれて時からもの応じしない大物だった。

母親に缶詰のフタは危ないから触っちゃだめよ!と注意を受けていたにも関わらず、大野は「うん!」と元気よくへんじをしながらギザギザした缶のふたを握ってしまい、5針も縫う怪我をした。

5歳の時、父親がこぐ自転車の後ろに乗った大野は、父親から「智、寝るなよ。ちゃんと足を広げておけよ!」と言われてたのに眠ってしまい後輪に足を巻き込まれて15針を縫う大怪我をおった。

小学生の時、友達が投げた黒板消しがおでこに当たって縫った。

車が来てるから危ないと言いながら自分はわたったらしい。

「良くドアに手挟まないでよって言われるでしょ?
そうすると挟みたくなる。」

二宮和也

-Uncategorized

×