HeySayJUMP News

HeySayJUMPの話題の情報を厳選してお届け♪

Uncategorized

激白!元Hey!Say!JUMP森本龍太郎が『JUNON』で語った事とは?


元Hey!Say!JUMPの森本龍太郎

1995年4月6日生まれ
A型 石川県出身
2004年に番組のオーディション企画で合格し、ジャニーズ事務所に所属しその後ジャニーズJr.として活動をはじめました。

みんなやってるからオレもやってみた!!
めーっちゃザックリだけど笑 pic.twitter.com/59O0M0KpGr

2007年9月からHey!Say!JUMPのメンバーとなり同11月にCDデビューした森本龍太郎

そんな中「喫煙写真」が流出…

11年6月に「週刊女性」に喫煙写真をスッパ抜かれた。過去の喫煙を本人が認めたため同月、所属のジャニーズ事務所から無期限活動休止の処分を受けた。

出典http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/625747/

「Hey!Say!JUMPメンバー」が謝罪

「突然ですが、この場をお借りしておわびさせていただきます」という挨拶から始まり、
「先日、メンバーの1人が未成年で喫煙をしてしまい、世間をお騒がせしました。関係者にご迷惑をかけ、ファンの皆さんの夢を壊してしまったこと、ご心配をおかけしてしまったことをおわびしたいと思います」と謝罪すると、メンバー全員が深々と頭を下げた。

また藪は、最年少メンバーAと電話で話をしたことを明かし「本人は今、ファンの方に会える時間や仕事ができる大切さを、深くかみしめていると思います。『学業に専念します』と言っていました。『今、自分にできることを一生懸命やってほしい』と伝えました」と神妙な面持ちで語り、「深く反省し、これから仕事で信頼回復をしていきたい」と決意をあらわにした。

この件について、ジャニー喜多川社長は「罰を罰として受け止め、償わなければならない」とコメント

そんな中『5年ぶり』の取材に

実は森本の喫煙写真を掲載したのは「JUNON」と同じ、主婦と生活社の「週刊女性」。
自身を活動休止、さらにジャニーズからの脱退に追い込んだ週刊誌と同じ社が発行する月刊誌のインタビュー、ということでも注目を集めそうだ

「こんなことができたのは『JUNON』がジャニーズのNG媒体だから(笑い)。他のメディアはジャニーズが怒るから、まず掲載できない」(同)

森本はインタビューに対して

「ハワイで2年間いて、いろいろな人に出会い、僕にとってファンの皆さんは家族だと気づいた。ファンの皆さんのために復帰しようと思った」と経緯を明かした。

「実際はいまだに無期限謹慎のままで通ってるので、いつか戻ってくると信じて待っててくれる人もいるんですよ。だから僕がちゃんと表に出ていって、違うグループで活動することによって、事実上もう戻ることはないんだって、きちんと伝える必要があると思ったんです」としている。

出典http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170213-00000011-tospoweb-ent

この言葉でも分かるように、森本が最も「裏切ってしまった」と後悔しているのは、ファンに対してだ。

出典http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170213-00000011-tospoweb-ent

「ファンの人たちは、芸能界にいる僕を見て好きになって、応援し続けてくれた。そこでツラい思いをさせてしまった人たちには、やっぱり同じ芸能界の仕事をしてる僕を見て、喜んでもらいたい。それしか返せる方法はないと思うんです」

喫煙が発覚した時については「もう終わった、と思いました。死のうと思いました」「何度か自殺を考えましたね。いろんな手を使いました」。無期限活動休止が決まった時、他のメンバーが謝罪したが、「本来は僕が謝るべきだったけど、僕以外のメンバーが謝った。正直、それだけは今でもずっと心残りですね…」と話した。

現在の森本龍太郎は…

5人組のダンスボーカルユニット「ZERO」を結成し、メインボーカル兼プロデューサーとして8月にデビューイベントを開催した。

楽曲制作もすでに開始しており、森本が作詞したものも含め2、30曲ほど完成。

森本は今後について「今はまず、ZEROでお客さん一人ひとりを楽しませたい。一人のお客さんを楽しませられない人間が、世界的なアーティストになれるわけがないですから」と言う。

-Uncategorized

×