HeySayJUMP News

HeySayJUMPの話題の情報を厳選してお届け♪

Uncategorized

山田涼介主演、暗殺教室!ジャンプ作品の実写化にジャニーズが多く起用される理由とは?


暗殺教室やっぱ面白いな(*´∀`*)

暗殺教室初めてアニメ見てるけど面白い

◆暗殺教室

『暗殺教室』とは、『週刊少年ジャンプ』2012年31号から連載中の漫画である。作者は松井優征。

テーマが「暗殺」と「主人公たちの担任教師を殺すこと」であり、他の漫画とは一風変わったコメディ漫画でもある。

地球の破壊を表明している正体不明の生物・通称”殺せんせー”と、殺せんせーを暗殺することになったおちこぼれ生徒たちのバトルを描く。

◆アニメ化&映画化も発表があり今、週刊少年ジャンプの看板作品となっている

6月30日(月)発売の週間少年ジャンプ31号にて、同誌連載中の漫画『暗殺教室』に関する超重大発表が掲載されると伝えられていたが、一足先に『暗殺教室』TVアニメ化&実写映画化が明らかとなったようだ!

『週刊少年ジャンプ』(集英社)で2012年7月から連載をスタートし、現在同誌の看板タイトルとなった人気原作をアニメ化するとあって、監督を務める岸誠二氏は、ORICON STYLEのインタビューに応じ「プレッシャーはありましたね」と心境を告白した

岸監督は「お客様からの好評の声はスタッフにも届いている。

スタッフを褒めていただくと自然と作品のクオリティがあがるんです」と声を弾ませ、「“いい!”と思ったら積極的にリアクションをよろしくお願いします!」と視聴者に呼びかけていた。

◆そして、4日、映画「暗殺教室」の完成披露試写会が行われた

松井優征原作による実写映画「暗殺教室」の完成披露舞台挨拶が、3月4日にTOKYO DOME CITY HALLにて行われた。

舞台挨拶には潮田渚役の山田涼介、烏間惟臣役の椎名桔平をはじめ、菅田将暉、山本舞香、竹富聖花、上原実矩、知英、高嶋政伸、加藤清史郎、橋本環奈、そして監督を務めた羽住英一郎が登壇。

同作で映画初主演を飾った山田を先頭にキャスト陣が登場すると、125倍の倍率をくぐり抜け結集した約1500人の観客からは、割れんばかりの歓声が上がった。

◆高嶋政伸さんはファンに平謝り

俳優の高嶋政伸が4日、映画「暗殺教室」の完成披露試写会で舞台あいさつに出席した

主役のHey! Say! JUMPの山田涼介の顔を踏むシーンを熱演している高嶋は、会場に集まった山田のファンに「最初にまず、すみません」と平謝り。

ゴロゴロの石の上で、山田の顔を革のブーツで踏んだことを説明。その際は「役者生命を賭けて思いっきり踏みつけました」と語った。

会場からは高嶋の一言ごとに悲鳴が上がっており、高嶋は大いに恐縮していた。

山田は「高嶋さんは、役は怖いけれど優しい方。全力で応えてくれたので素晴らしいシーンができました」と胸を張っていた。

◆映画初主演を務めた山田さん

山田は、「連載当初から原作を読んでいたので光栄です。羽住組はチームワークが良く、ドラマを撮るかのような早さで撮影していくのでついていくのに必死でした」と撮影を振り返る。

最後に山田は観客に向け「『暗殺教室』というタイトルだけを聞くと、怖い作品なのではと思う方もいるかもしれませんが、実際はコメディ要素が満載です。現代版金八先生のような映画になっています」とメッセージを送った。

-Uncategorized

×